八重山マンゴー研究会

yaemango.exblog.jp
ブログトップ

着果状況

数日前ですが研究会のとある農家さんから電話がかかってきました。

今他の農家さんの畑に来ている、この人は研究会の農家さんではないけど、畑を見てみたら色々みんなで教えてあげた方がいいと思う、だからtemakiも今すぐ駆けつけて!今から○○さんも来るよ!だって八重山のマンゴーはみんなで良くしていきたいから。との内容でした。

マンゴー産地をみんなで作っていこう!技術の平準化を図っていこう!と平成20年に設立されたマンゴー研究会ですが、研究会以外の方にも同じように接しているんだなととても温かい気持ちになりました。
こうした小さな積み重ねで後々素晴らしい産地に成長していければと思います。

そして石垣島にいなかったので、行くことができなくてすみませんでした。次回はぜひ!


話は変わって最近のマンゴー。開花のばらつきがあり着果ステージが何段階かに分かれています。
受粉昆虫の準備不足や一時的な低温等ですべての時期で着果しているというわけではないですが、比較的順調にいっている状況です。

c0234339_19183410.jpg


c0234339_19191365.jpg


c0234339_19194612.jpg


着果個数が多すぎて選びきれなさそうな枝もありましたが、早めの摘果を心がけて着果負担に気をつけていきたいと思います。
[PR]
by yaeyamamango | 2013-04-04 19:23 | 圃場のようす | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yaemango.exblog.jp/tb/19788546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。